Month: 4月 2017

スーツのバリエーションが足りない。

私は新卒から会社勤めでほとんどスーツで働いてきました。事務職であるため、社内で仕事をすることが多いのですが、会社に来ていけるスーツが合計3着しかありません。そのうち一つは完全にボロボロのため買い替えたいのですが、このご時世スーツの新調は中々難しく、家計の財布の紐は硬いです。

現在の職場はスーツの上着を脱ぎ、会社のジャンバーを来ることが多いのですが、社内全員がほとんどその姿です。また業界的に服装の派手さは推奨されていないので、ネクタイの赤やピンクのシャツは基本NGです。

それもあり、他の社員と区別をつけれるポイントと言えば、時計や靴です。

私がこだわっているのは靴です。黒以外にもキャメルっぽい茶色や暗めの茶色もあります。やはり社会に出てもオシャレな基本は靴だと思っております。黒のスーツを着ることが多い社会人で、靴も黒だと重々しい印象ですが、そこに暗めの茶色を合わせるとコントラストが少し変わり印象が少し明るくなります。

またグレーのスーツの時はキャメルにするなどして、使い分けております。

またネクタイの色も限られた中ではありますが、色んな柄のものを揃えてスーツ、靴の色味を決めてから組合せを考えております。

全体的にサイズが小さいのが悩み

身長も低めで、足のサイズなどもとにかく小さくて悩んでいます。

周りには小さいのいいねって言ってもらうことが多いのですが、私自身は普通サイズになりたいんです。

靴も小さいサイズって以外となくて、いつも買う時イライラします。Sサイズを買っても大きくて、

中敷きとか靴の中に入れる滑り止めを買ったり、よけいにお金がかかってしまいます。

ジーンズとかパンツを買う時も丈が長くて、けっこうな長さをカットします。

無料でサイズ直ししてくれるところもありますが、料金がかかるお店もあって無駄に損した気分を味わっています。

子ども服を買う時もありますが、20代後半には合わないデザインばかりで最近は買うのを躊躇します。

衣服を買うのにこんなに苦労しているってなかなか理解されていなくて大変です。